スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.11.25 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    R1200GS-LC 納車後パーツ取り付け

    0
      今日は午前中所用があったので午後から金曜日納車になった
      R1200GS-LCに各パーツ取り付けしました。

      スタートは午後2時
      この時期5時過ぎには暗くなってしまうので
      作業時間は3時間少し位?
      余裕でしょうと思って始めたら大誤算・・・

      作業途中で写真撮る余裕なし(笑)

      結局終わったのは午後8時
      途中からはキャンプで使用しているヘッドライト点けての作業でした。

      で、各パーツ取り付け後はこんな感じになりました。


      GIVIのアルミパニア 3点セット

      これで旅に出かけることが出来ます。

      パニアを外した状態は




      後ろから見るとステーとマフラーのクリアランスも問題無いようですが・・
      ステーとマフラーが干渉しています。



      今回一緒にマフラーも換えてしまったのでノーマルではどうなるか不明ですが
      GIVIの右側ステーにゴムのストッパーが付いていたので干渉するんでしょう。
      きっと。

      このGIVIのパニアを付けて思ったこと。
      パニアの形状からかとても幅が広く感じる。
      なので、実寸を測ってみました。

      GS−LCのカタログスペック  935mm(ミラー含む)
      とありますが、
      ハンドルガード外で測ってみると

      995mm
      一人で測ったのでちょっとアバウトですが。。

      そしてパニア取付状態での横幅は

      970mm
      ま、これもアバウトですが。。。

      ハンドルが通ればパニアも通るという結論です。

      ちなみに GSAのカタログスペックは 980mm
      前に乗ってた RT-LCはパニア付きで 984.5mm
      ほぼ変わらないですね。

      あと一つ面倒なことが。
      今回パニア3点セットとしたのですが、
      鍵が3つ(笑)

      左右のパニアで1つずつ、トップで1つ、合計3つ
      GIVIでは発注時のワンキーの注文が出来ないみたいです。
      これいつも持っていくの大変です。

      一応補修パーツでワンキーセットが出ているみたいですので
      おいおい時間があるときにでも交換します。

      次にクラッシュバーエクステンション


      TOURATECH製です。
      TOURATECH製だと純正オプションエンジンガードに取付可能です。

      あとは、サイドスタンドエクステンションとラジエタコアガード




      色々付けた今日の作業でした。

      これでGSで遊びに行くことが出来ますね。
       

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.11.25 Friday
        • -
        • 00:00
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << March 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM